アドバイス

一般社団法人の設立に関するアドバイス

一般社団法人等の設立では、しっかりとした情報が必要です。特に一般社団法人の申請に必要な書類は何が必要か、また士業の専門家にアドバイスをもらうことは可能かどうかなど、色々な視点で考えなければなりません。

一般社団法人の設立には様々な手続きが必要であり、しかも士業の専門家の助言などが必要不可欠です。申請書類の代行提出は主に行政書士であり、一般社団法人の定款の作成から公証役場での認証を経て、法務局での登記申請代行は司法書士と言ったように、それぞれ出来ることが異なります。したがって、それぞれのタイミングで適切な代行者に依頼することが求められるわけです。

一般社団法人の設立では、役所との折衝も多く必要になります。面倒さを感じる人も多くいますが、それだけ一般社団法人設立にはかかる手間が多いと言うことです。すなわち、一般社団法人設立では申請者がすべてを行うことでも対応は出来ますが、時間的な制約などから現実的ではありません。したがって、士業の専門家に依頼をすることが一般的となるわけです。

アドバイスはその都度士業の依頼先の人から受けることが可能ですが、ただ、全体的な流れを把握する必要があり、この書類を出したら次に何をしないといけないかを考えて行く必要が生じます。このスケジュール管理等でも、全体的な作業の流れが理解が出来ていないと、何をすればいいのか混乱するおそれが大きくなります。士業の人に依頼している書類申請もいつになったら許可が下りるのかを考えながら、作業を前に進めていく事が求められます。

書類申請がメインですから、その書類の認可が下りたら次のステップに進むという形です。ただし、法人登記が完了した段階で法人設立となりますが、この日が基準となって提出をしなければならないものが多数ありますから、法務局への登記申請を司法書士が代行申請した段階で、すぐに準備をしなければならないものがいくつかあります。

従業員を雇用数rのが常ですから、社会保険及び厚生年金への加入も必要ですし、税金関係の届出も関係する役所へと届け出なければなりません。厄介なのはこれらの手続きが登記が完了した日を基準とする点です。しかも申請期間は非常に短いため、大至急行う必要があるわけですが、士業の専門家に依頼しておくことでそれだけ申請者の負担は減らせるでしょう。社会保険労務士や税理士などに適宜依頼しておくことが大切なことになってきます。

最近の投稿