新規申請

一般社団法人設立に関する設立要件と新規申請

一般社団法人の設立には、設立要件が課せられています。煩雑なものであるため、もしこれから一般社団法人を設立したい場合には、設立要件の確認をしながら満たしていることが前提で話を進めなければなりません。

可能であれば、一般社団法人の設立に一定の経験を有する士業の専門家に依頼して、代行申請を行うことが望ましいとされています。通常、一般社団法人の設立を多くしている個人などはいませんので、これまで立ち上げに関わった専門家に任せた方が無難であるということにつながります。

一般社団法人の設立では、流れが存在します。この流れの中で書類の提出や役所への説明などを行っていかなければなりません。特に急いで新規設立を目指したい場合には、情報をしっかりと入手して対応を考えることが求められます。

定款の作成や公証役場での認証を受けて、その後法務局で登記を行うわけですが、これらの流れは決まっています。ただし、この作業が繁雑であり、個人や今まで行ったことがない人の場合は、一苦労です。したがって、できる限り専門家に依頼して対応を考えることが求められることになります。

法務局での登記申請は、司法書士に依頼することになりますが、司法書士に依頼して法務局での登記が完了するまで通常は1ヶ月程度はかかると言われています。早くしたければ司法書士への依頼を早めに行って、急いでいる旨を伝えて善処をお願いするほかありません。定款作成から公証役場での認証の間に、早めに依頼をする方向で動くことが肝心です。

定款や法人登記が完了したところで、法人自体は立ち上がります。ただし、問題はここからで、法人としての届出を役所に色々と行わなければなりません。まずは社会保険への加入及び厚生年金への加入手続きです。この申請には期間が決められているため、早めに段取りを行うことが求められます。なお、代理申請も可能で、社会保険労務士に依頼してこれらの書類の作成及び代行申請を依頼する方法はあります。

税金関係の届出も必須です。税務署や都道府県税務担当事務所、市町村役場などにそれぞれ届け出ます。この作業も専門家である税理士に依頼して対応を任せる方法もあれば、事業設立者自らが申請代行に赴くことも可能です。このとき、税理士事務所に一般社団法人の顧問も依頼するなど、関係はそのまま残すなどの工夫も必要でしょう。士業の専門家との関係はなるべく残しておいた方が後々助かる場面が生じるでしょう。

最近の投稿