方法について

社団法人の種類と設立の方法について

一般社団・財団法人法に基づいて一定の要件を満たしている場合に設立することが出来る法人として社団法人が知られています。現在の法律においては一般社団法人と公益社団法人に分類される仕組みになっていますが、これらの内事業目的を問わない一般財団法人が設立しやすい法人の形として一般的な団体活動の場合に利用されている仕組みであると言えます。

一般財団法人の設立は株式会社などと同じような仕組みで行うことが可能であり、調べながら行えば専門知識が十分でない場合でも対応することが出来ます。株式会社などと同じく全ての事業が課税対象になる一般社団法人は設立しやすい法人として、営利目的ではない様々な活動を行う団体が法人化するための選択肢として活用されているのです。

一般社団法人を設立するためには二名以上の社員、いわゆる議決権者がいれば事業原資となる資金が無くても設立が可能です。かつてはこの種類の法人の場合には主務官庁の審査と許可が必要であったため、設立のためにはそれなりのハードルが存在していましたが、現在では法人を作ろうとしている地域を所轄する法務局への届出を適切な方法で行ってさえおけば誰でも設立が可能であるという状況になっています。そのため法人化のメリットを最大限活用することが容易になってきていると言えるでしょう。しかしながら従来の社団法人が持ち合わせていた公益性に関しては公益社団法人の設立をしなければ認められるものではないので注意が必要です。

公益社団法人とは一般社団・財団法人法に基づいて作られた一般社団法人の内、公益法人認定法に基づいて認定を受けた法人のことを言います。この法人は内閣総理大臣又は都道府県知事の認定が必要となる団体であり、認定を受けることで一定の要件を満たす寄付金が税額控除の対象になる仕組みを持っているのです。この様な法人を作るための方法としては一定の条件を満たしてからの申請が必要になります。

その内容としては行っている事業を収益事業と非収益事業の二種類に分けた際に後者である非収益事業が50%を超える場合に申請と認定にとって公益法人となることが出来る仕組みとなっています。この様な方法で公益社団法人になることが出来る仕組みになっています。いずれの場合も営利目的ではないため配当を出すことが出来ない他は株式会社などと同じような手続きで設立することが出来るため、法人格を取得したいという場合の有効な選択肢になっています。

最近の投稿